2019-2020年度 ガバナー就任のご挨拶

Facebook にシェア

ライオンズクラブ国際協会332—A地区のライオンズクラブ会員の皆様には、いろいろとご心配をおかけしましたが、今年の2月にアメリカ・シカゴにてDGE(地区ガバナーエレクト研修)セミナーを終了し、7月5日~9日からイタリア・ミラノ国際大会にて最終DGE(地区ガバナーエレクト研修)セミナーを終了して参りました。そしてガバナー就任式にて前地区ガバナーL高橋重則にエレクトリボンを外していただき、無事に332-A地区ガバナーに就任する運びとなりましたことを謹んでご報告すると共に、332—A地区のライオンズクラブ会員の皆様には心より感謝申し上げます。

今年度はライオンズクラブ国際協会会長Lジュンヨル・チョイのテーマ“われわれは奉仕をする”このテーマを軸にした上で各クラブが奉仕を強化し、その結果としてライオンズが地域社会のみならず国際社会にもインパクトを与えられるよう国際会長共々、力を尽くして参ります。
ガバナーテーマは“We are the world「私たちは仲間」”、ガバナースローガンは「永遠の絆は奉仕から…」としました。

今年度の国際会長は『多様性』という表現を示しており、奉仕の形態に捕らわれず、常にライオンズの一員であることを意識し、謙虚で思いやりの心を持ち、各ライオンズクラブの伝統も継承しつつ、創意工夫し多様な視点で捉え、時代に即した新たな奉仕の在り方に取り組んでいただきたいという思いを込めました。
ライオンズクラブは創立100周年を迎えて原点に立ちかえり次の100周年に向けて、現代の変化に対応したクラブ運営、昨年度迎えたLCIF50周年を記念し3年間のLCIF$100キャンペーン、GST奉仕活動、GMT会員増強、GLT若手、女性会員にリーダーの育成、FWTによる女性会員のネットワークを広げていくことを展開していきます。
私たちキャビネットも、これまで以上にしっかりと地域社会のニーズに応え、地域に貢献しライオンとしての誇りを持って332-A地区の発展に全力を尽くします。
結びに皆様のより一層のご理解とご協力をお願い申し上げ、就任の挨拶と致します。

地区ガバナー L吉田 義信