レガシープロジェクト:「石製ベンチ」を寄贈。332-A地区5R

Facebook にシェア

2017.5.16.
ライオンズクラブ国際協会332-A地区5Rはライオンズクラブ創立100周年を記念とした「レガシープロジェクト」の一環として、八戸市に「石製ベンチ」を寄贈。
種差海岸にて除幕式を開催いたしました。
種差海岸「窯の口」付近の遊歩道沿いのベンチからは、太平洋の大海原が一望でき、100年先も変わらず利用できるようにしようとの思いから、天然石の「白御影石」を素材とし、除幕式には会員15名が出席、真新しいベントがお披露目された。332A地区柳本ガバナーは「訪れた人が一休みするのに利用して、美しい海岸を楽しんでもらえれば」と話した。