ライオンの「徳」を磨け

Facebook にシェア

ライオンズメンバーは「ウィサーブ」の使命感を持っている者でなければならない。又その使命感に準ずる強い「意思」を持っている者でなければならない。
 人間的魅力を持ち高い使命感を持ち、且つ強固な意志を有している。その様なライオンズクラブメンバーこそクラブの発展を力強く支える原動力になる。特に今コロナ対応や高度情報化、高度技術化、そしてグローバル化と言う変革時代を迎え、より人間的魅力や人徳が求められている。人は時代に生まれ、時代を生き、そして時代を創る。ヒトはヒトと共に生きヒトと交わりながら「人」になっていく。
「徳」とはその音も意味も「得」に通じる。ライオンの得(人徳)の背後には「ウィサーブ」がある。ヒトは他人との関わり合いのない人間生活は考えられない。ライオン人生も他人とよりよく共存するための活動である。
従って国も個人も「一人は万人のために、万人は一人のために」がライオンズクラブの「徳」である。人の一生の価値はくぐり抜けた時間ではない。生存時間は物理的な長さでライオン人生時間は価値を示すものである。又その価値は有形無形で生み出される。それが個々のライオンの影響力の結果である。挑む強い「信念が道を拓く」。やるぞ!と言う熱意は相手を動かす。出来るぞ!と言う自信が状況を変える。諦めないでやり続ければ必ず成功する。ライオンの「徳」を磨こう。