2018-2019年度 ガバナー就任のご挨拶

Facebook にシェア

盛夏の候、332-A地区の会員の皆様には、益々のご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、黒石市で開催されました第64回年次大会におきまして皆様のご支援のもと、ガバナーとしてご承認いただきましたことは、身に余る光栄であり、その職責の重大さに身の引き締まる思いであります。

昨年度、ライオンズクラブは創立100周年を迎え、また、今年度は、初の女性国際会長の誕生という記念すべき年となります。
次なる100年のスタートにあたり、今一度、原点に立ち返り、新たなる視点に立ち、奉仕活動に取り組みたいと思います。
ライオンズクラブの原点である友愛、相互理解のもと、共に笑顔で有意義な活動を通したクラブ運営により、女性会員拡大を含めた仲間作り、若いリーダーによる斬新な奉仕活動等が期待できると思います。
私のガバナーテーマ「Together(共に・・・)」、又、スローガン「共に笑顔で新たな奉仕」は、この様な思いで掲げさせていただきました。
このテーマ等に沿い、新たなグローバル奉仕の重点分野である糖尿病、視力、食糧支援、環境、小児ガンに主眼を置き、地域に密着した奉仕活動に取り組んでいきたいと思います。
また、LCIFが創立50周年を迎えたことに伴うキャンぺーンが行われますが、皆様には、更なるご協力をお願い申し上げます。
これからの一年間、会員の皆様と共に、友愛と寛容の心で、ライオニズムの高揚のため努力したいと思いますので、より一層のご指導、ご鞭撻を賜ります様よろしくお願い申し上げます。
末筆ではございますが、各クラブのご発展と会員皆様のご健勝、ご活躍をお祈り申し上げ、ご挨拶と致します。

地区ガバナー L高橋 重則