2014年7月ガバナー挨拶

Facebook にシェア


ライオンズクラブ国際協会
332-A地区2014-2015年
ガバナーL花田 良一

ライオンズクラブ国際協会2014-2015年332-A地区ガバナー、L花田良一です。

332-A地区会員の皆さんへ就任のご挨拶を致します。
第60回地区年次大会が5月11日、風薫る緑豊かな日に青森市で開催され、記念式典は厳粛に執り行われました。
小笠原前ガバナー、前キャビネット役員の気配り、心から感謝申し上げます。

改めて今年度のガバナーとして取り組む方針を述べさせて頂きます。
私の今期ガバナーテーマは、『Ask One 一人、誘おう』です。
ジョー・プレストン国際会長方針に沿って会員増強に努める一方、女性経営者や若い世代の入会促進に集中的に取り組んで行かなければなりません。
何故なら会員が多くなるほど、クラブ運営・奉仕活動は拡大し、またリーダー育成の促進にも繋がり、クラブの財産となるからです。

国際協会では100周年記念に向けて引き続き会員増強の推進を大きな目標としています。
公式訪問やガバナー諮問書で各クラブの勧誘活動などお知らせ下さい。次にガバナー、スローガン『輝け 大きな輪の心で We Serve』についてです。国際協会でも明確な目標を設定しているLCIF活動です。
私は視力ファースト・プログラムの失明の減少に取り組んで行きたいと思います。現在1人の視力回復に必要な平均的費用は約6ドル位です。世界中では2億4,600万人が弱視と闘っています。
そのうち約1億2,100万人の子供達が小児失明症だと言われています。
今年度LCIF20ドル献金に協力して頂くとともに、皆さんのお手元にある古いメガネ・サングラスを提供して頂きたいと思います。
多くの子供達がその力を待っています。この
1年間皆様と“会員増強”“視力ファースト・プログラム”に、共に手を組んで邁進していきたいと思います。

どうかこの1年間宜しくお願い致します。