地域の青少年を参加させて良い影響を与えよう

クラブのリーダーに宛てた私の4月のメッセージを配信させていただきます。この中で私は、私たちの新たなグローバル奉仕フレームワークにおける青少年参加の役割を強調すると共に、クラブのリーダーが青少年に対して、奉仕事業の計画及び実施において意義ある役割を与えるよう呼びかけています。また、「奉仕における若い指導者」プログラムを通じて、地域の青少年を表彰することも奨励しています。

私たちのクラブ、そして地域社会における将来のリーダー育成にご協力いただきありがとうございます!

心を込めて

ボブ・コーリュー

lions-president-corlew-email-header.jpg

会長メッセージ

orange-underline-accent.png

ライオンズ会員様

先日、私たちは新たなグローバル奉仕フレームワークを導入しました。これはLCIフォーワードの、そして、2021年までに年間2人の方々に奉仕を提供する上での重要な要素の一つとなります。

青少年の参加は、私たちの奉仕フレームワーク、そしてその五つの主要な奉仕領域のそれぞれにとっての土台です奉仕の将来は青年たちのものであり、私たちはライオンズ会員として彼らを導く機会を得ているのです。青少年たちに皆さんのクラブでボランティアを行うよう薦めましょう。彼らのアイデアに耳を傾けましょう。そして彼らが奉仕する際には、意義あるリーダー的な役割を与えましょう。青少年は単なるボランティア以上の存在になり得ます。奉仕における私たちのパートナーになり得るのです。

地域の青少年参加に取りかかるための、三つの方法をご紹介します。

  • 地域の高校や青少年団体に連絡を取りましょう共同奉仕事業の計画を提案し、その計画に資金援助を行うことも検討します。
  • 青少年に対して、クラブの次の奉仕事業への参加を呼びかけましょう企画に彼らを参加させ、意義ある役割を与えます。
  • 国際協会の青少年プログラムを調べて、次のレベルへ引き上げましょう—平和ポスター・コンテストをスポンサー、ユースキャンプ及び交換プログラムに参加、またはレオクラブを結成します。

 

いかなる形で青少年を奉仕事業に参加させるにしても、彼らに発言の機会を与えて、彼らの努力と成果を評価することを忘れないでください。青少年を奉仕に参加させている時、皆さんはクラブと地域社会に投資をしているのです。
corlew-headshot-circle.png
心を込めて
国際会長

ボブ・コーリュー

placeholder.png

ライオンズ青少年プログラムで青少年の参加が容易に

青少年との協力を次のレベルに引き上げたいと願うクラブのために、国際協会では既定のプログラムをいくつか提供しています。

青少年を奉仕戦略の一部に取り入れましょう!

placeholder.png

青少年の労苦を称えよう

奉仕における若い指導者アワード・プログラムは、地域の若いリーダーによる努力と成果について称えることを容易にするものです。このアワード・プログラムは、資料や、例会で贈呈できるダウンロード可能な賞状など、クラブが青少年の表彰に取りかかるにあたって必要な全てのものを取り上げています。奉仕における若い指導者のページを閲覧して詳細について確認し、今すぐ取りかかりましょう!

332複合地区合同100周年レガシープロジェクト「カンボジア学校建設」

2018本年度ライオンズクラブは生誕100年目を迎え全世界のライオンズクラブがレガシーを作ろうとプロジェクトが提唱され、各クラブの会長様を始め、多くの会員各位が地域に於いて奉仕活動に大きな成果を上げられる活躍に深く感謝申し上げます。
332複合地区合同100周年レガシープロジェクト「カンボジア学校建設」が、2017年4月2日に開校式典を迎える事が出来ました。
コーリュー国際会長が「次なる山を目指して」教育のパートナーとなってください。子供たちの教育、子供たちは私たちが残す遺産、私たちの未来なのです。世界にインパクトを与える一番良い方法は、子供たちの教育をすること、成長し前進するチャンスを子供たちに与えることですと謳えられました。
多くのライオンズメンバーが手を携え行動を起こすことは我々の奉仕事業に変化をもたらし、世界の多くの仲間に、あの2011年3月11日「東日本大震災」における感謝を世界へ発信出来るチャンスとなりました。 L.柳本英洋332MD議長

~2017年4月2日開校式~
30年前の1986年、日本の一人当たりの名目GDPは280万円です。1996年は約400万円です から、この間の経済発展はめまぐるしいものがあありました。2016年、一人当たりの名目GDPも400万円で、世界26位です。残念なことに、1996年から20年間進歩がありません。現在のカンボジアの一人当たりの名目GDPは約13万円で、日本の50年前と同じような経済規 模であり、東京オリンピックが開かれた頃と一緒です。この頃は青森県内にも既に沢山の学校が あり、教育を受けた学生は集団列車に乗って大都市を目指しました。

↑学校建設の予定地にて、校長先生を囲んで。

~日本と違うところ ~

日本では戦前より学校教育が盛んに行われ、国全体で、誰もが学ぶ機会を与えられました。
カンボジアでは、首都プノンペン、第二の都市シェムリアップではめまぐるしい経済発展を遂 げておりますが、一歩郊外に出てしまえば全く教育機関が不足しています。日本では東京・大阪以外でも、国全体に教育機関が整備されたことと比較すると、大きな違いがあります。

~Siem Reap Angkor Wat Lions Club との出会い ~

333-C地区(千葉)は、既にカンボジアに学校を建設しています。学校を建設するだけに とどまらず、2012年Siem Reap Angkor Wat Lions Clubをエクステンションし、12月チャー ターナイトを開いています。
Siem Reap Angkor Wat Lions Clubは2014年Siem Reap Bayon Lions Clubをエクステンションし、この度のプロジェクトはSiem Reap Bayon Lions Clubから協力をいただきながらのアクティビティとなります。

10月までは雨季で基礎工事がなかなか行えません。11月より本格的な工事となって、翌年4月2日(日)に開校式を行うこととなりました。またSiem Reap Angkor Wat Lions Clubは、15名の入会を希望する若者を獲得しました。
今回の建設地はアンコールワット遺跡のあるカンボジア第二の経済都市、シェムリアップから60キロ(車で北東に1時間半)の所です。ベンメリアと呼ばれる遺跡があり、主産業は水田での米作です。
学校は整備されているものの改修費がなく、屋根には大きな穴が空いていました。
日本では全く考えられない環境で子どもたちは勉強しています。

Siem Reap Bayon Lions Clubの初代会長は36歳、彼は我々に訴えかけました。

「カンボジアの子どもに教育を提供し、私たちの国は自立したい!」と。

この言葉を聴いたとき、このレガシープロジェクトが本当に必要とされているアクティビティであることを実感し、ライオンズ冥利を感じた瞬間であることは言うまでもありません。

~学校の概要~
対象者:Primary School (5歳~11歳)と中学校
生徒数:約260名
校 舎:9m×40m
教室数:5室

↑Siem Reap Bayon Lions Clubと332複合地区が建設についての合意書」にサインをする柳本議長

LCIF は全世界での活動を支援します

LCIFheader.gif
Dr. Jitsuhiro Yamadaライオンズの皆様へ

初めて孫の顔を見ることができたおじいちゃんの喜びがどれほど大きいか、想像してみてください。かつては一家の大黒柱だったのに、予防可能な病気のために視力を失い、もはや家族を養えなくなった父親の心の痛みがどれほど耐え難いか、想像してみてください。だからこそ、視力ファーストは恵まれないコミュニティに目のケアを提供し、予防可能な失明との戦いに力を尽くしているのです。

視力ファーストの主要パートナーのひとつに、世界保健機関 (WHO) があります。WHOとのパートナーシップを通じて、ライオンズクラブ国際財団 (LCIF) は視力ファーストイニシアチブと、3つの他の重要分野において技術的支援を受けています。この3分野とは、グローバル小児失明イニシアチブ、糖尿病眼科疾病イニシアチブ、そして中国での視力保護イニシアチブです。

このパートナーシップがもたらした結果は、大変顕著なものです。LCIF30カ国に45箇所の子どもへの治療に対応した視力保護センターを設置し、各国の医療において、糖尿病や糖尿病性網膜症の治療の改善に役立つツールを開発し、そして中国で公衆衛生医療上の脅威であったトラコーマを撲滅しました。WHOとの協力によって視力ファーストと LCIFの各種イニシアチブが得られる多くのことがあるからこそ、私はこのたびWHOLCIFの提携が更新されたことを、喜びをもって皆さんにご報告いたします。

LCIF WHOとのパートナーシップで得た素晴らしい成果を思うと、この関係が延長されたことは本当に喜ばしいことです。私たちライオンズと同じくらいに、この分野での進歩を目にしたいと考えている組織と一緒に活動できることを誇りに思い、これから私たちがともに実現する、将来の成果を楽しみにしております。

 

ライオンズクラブ国際財団

理事長 山田 實紘

Students learning through Lions Quest10億ドルの奉仕
先日、LCIF1968年の創設以来の交付金が10億ドルに達するというマイルストーンに到達しました。数え切れないほどの人々の暮らしとコミュニティがライオンズとLCIF によって改善されてきましたが、その中にはライオンズクエスト・プログラムに接する機会を得た、1500万人の若者たちも含まれます。

ライオンズクエストは世界中で子供たちに価値ある生き方のレッスンを教えています。社会感情学習(SEL)に基づいて、ライオンズクエストは子供たちが感情について理解しコントロールすること、目標を達成すること、思いやりを示すこと、そしてポジティブな人間関係を築くことを教えます。ライオンズクエストはまた、学生たちがいかにドラッグやアルコールの誘惑を避けるかについても指導します。

継続してLCIFをサポートすることが、このようなマイルストーンに到達し、世界中で子供たちの教育を支援することを可能にします。より詳しくは、ライオンズクエスト・発展と成功 のビデオをご覧ください!

期間限定のライオンズクラブ100周年記念銀貨を手に入れましょ2017-coin-silv-prf-pkg.jpg
期間限定で、今なら割引価格で100周年記念銀貨を注文し、シカゴ国際大会でピックアップすることが可能です!今注文すれば、割引価格に加えて、シカゴでピックアップすることにより送料も節約することができます。プルーフ仕上げ(収集用)の銀貨は49.95ドル、未使用グレード(流通用)の銀貨は48.95ドルです。注文のための手数料として、この値段に加えて2.95 ドルかかります。歴史の一部を手に入れ、世界中でライオンズがよりよい世界のために行っている活動を支援し、100周年をともに祝いましょう。急いで 注文 してください!この特別なプロモーションは、2017417日までです。

募集中: クラブ LCIF コーディネーター
Girl with babyクラブ LCIF コーディネーターはクラブレベルのLCIF親善大使です。この役職は、LCIFのサクセスストーリーを共有し、クラブの仲間がLCIFをサポートするように励まし、地域でも、世界でも、LCIFがより良く地域で人道奉仕を拡大できるように貢献します。つまり、財団の推進のために不可欠な役職です。いますぐ、このエキサイティングな役職に立候補するというあなたの関心を、クラブ会長に伝えてみてください。